CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
PROFILE
管理人:Kazu
名前:Jack (JOE)
2006.1.16生まれ ♂
東京都品川区在住
COUNTER
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS


ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
MAIL
Mail to Kazu
OTHERS

<< JOE 沖縄へいく 2010 (4) | main | JOE 沖縄へいく 2010 (6) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
JOE 沖縄へいく 2010 (5)


3日目。まずはドライブ、ドライブ。
うるま市を目指します。



両側が真っ青な海の海中道路を通って、目指したのは、



浜比嘉島です!

離島ですが、橋で陸続き。こちらは岩が印象的な兼久ビーチです。
遠浅で、だいぶ先まで歩いていけます。



まあ、どこだろうと、ビーチがあれば、じゃぶん!な方には関係ないのかも(笑)



カニもいました。

ビーチでは地元の方が、沖縄流のBBQをしてました。
飲んで、食べて、楽しんで、笑って、服のまま、じゃぶん!また笑う!(いいねえ!)



私の目当ては、こちら。神話の世界の神様のお住まい、シルミチュー霊場。



沖縄のこういった場所は、木々が元気いっぱいです。すごく素敵な場所でした。



さてさて、浜比嘉島で楽しんだあとは、
読谷村のやちむんの里にある大嶺實清(おおみねじっせい)さんの工房へ向かいました。
たくさんの焼き物のシーサーが出迎えてくれましたよ。



この色!

この写真は帰宅後撮ったもの。
ペルシャブルーという名前のようなのですが、私には、沖縄の海の色に見えるよ〜。

この色の焼き物が欲しくて出かけたのですが、
あいにく、この時は焼き上がりの数日前で、ほとんど売り切れ。

でも、八角形の大皿(結構大きい)は、
ゴーヤチャンプルや沖縄焼きそばを入れるのにちょうどよく、
小鉢はモズクにちょうど良い、なんとも沖縄気分に浸れる焼き物にめぐり合いました。
満足満足。

ちょうど、大嶺實清さんがご在宅で、わざわざジャックを見に出てきてくださいました。
出迎えてくれたシーサー達にどことなく似ていて、優しくて温かい方でした。



また来ますね〜と、工房を後にしました。また会えるといいな。
工房に続く道もとっても素敵でした。



この日は晴れ時々スコールで、
降るときは思いっきり、滝のような雨が降っていたのですが
おかげでこんな虹も見れました。



帰り道、許田のA&Wドライブスルーに初挑戦。
こちらのドライブスルーは、イメージと違って、、駐車場にメニューと注文機械、
そしてお店へ取りに行く、というものでした。^^
所変われば、勝手の違うものだわ。



楽しい一日。本部のお宿へ戻る道、夕暮れ時は見とれてしまうくらい綺麗です。
(明るいときは、明るいときで、海に目を奪われるんだけど。よかった運転手じゃなくて^^;)



3日目は、A&Wのハンバーガーでシメ!

次回は、ジャック、だだをこねます。

(シルミチュー霊場の写真2枚下に載せときまーす。)




おしまい
| Joe 沖縄へいく 2010 | 22:40 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 22:40 | - | - |
コメント
コメントする