CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PROFILE
管理人:Kazu
名前:Jack (JOE)
2006.1.16生まれ ♂
東京都品川区在住
COUNTER
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS


ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
MAIL
Mail to Kazu
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
JOEのアシの裏(追記)


ジャックのアシにご心配頂いたみなさま、ありがとうございました。
ジャック自身は、そんなに気にしていない炎症ですが、
前回の写真、症状がよく分からなかったので、追記しておきます。

* 見ていて、気分の良いものではないので、ご興味のある方だけどうぞ。
read more...
| Joeの健康 | 18:31 | comments(10) | - |
JOEのアシの裏
病院で、よく歩いたね?!とびっくりされたジャック。
ジャックに、一体何が起きたのでしょう。
---

土曜日のこと。
元気のないジャックを動物病院へつれていきました。

しばらく前から、たまに右前アシを、きゃん!と言って上げるしぐさがあり、
後アシの脱臼のあとの様子に似ていたので、脱臼かと疑っていました。

脱臼では、ないんですか?と不思議に思っている私に、

「前アシは、後ろと違って、膝蓋骨はありませんから(そうか!)
脱臼するとしたら、肩の部分だけど、その場合は、アシをついて、かくっと
肩から落ちる感じになります。アシを地面につかないのは、アシの裏の、これ、ですね」

と説明してくれた獣医さん。
「これは、痛いよ〜、よくここまで放っておきましたね」と。。



もしかして、これ??
見えますか?本来の肉球以外の、盛り上がった部分。
毛が伸びてて、見にくいかも。すみません。
(写真のジャックの目、やめれ〜!!と叫んでおります。。。^^; )

え〜?!これ?!

なんたって、これ、だいぶ前から、いろんなところで、むくむく盛り上がっていて、
まあ、若干、ジャックが舐めるので、かゆいのかしら?と思って、放っておいたものです。

獣医さん「血、とか出なかったですか?」

私「あ、ハイハイ、お散歩から帰ってアシを洗って拭くときに必ず血がついてました。
  痛いんでしょうか?」

獣「痛いですよ、これは。だいぶ痛そう。普通、こうなったら、歩かないと思うわ〜」

がーん、、そんなに痛かったの??
これまで、心配性のほうかと思ってたけど、そうでもなかったのね、と
獣医さんに苦笑いされてしまった。

ちなみに、右前アシに限らず、左前アシにも、この腫れ上がった部分
(増えた肉球と呼んでます)があり、それ以外にも、爪の周りのぱんぱんに
腫れた箇所も、「かなり痛いよ〜」とご指摘を受けたのでした。。。

これは、炎症だそうです。
地面につくので、どうしても炎症を起こしやすい箇所だそうですが、
皮膚の弱いコは、特にこういう風にぱんぱんに腫れることがあります、とのこと。

「お散歩、しない方が治りは早いはずだけど、、、ここまでなっても、歩いてくる、と
 いうことは、相当好きなんでしょうね。ひとまず、消毒と、塗り薬で様子をみましょう。
 飲み薬も出したいとこだけど、この前(7月)まで、包皮炎で投薬が長引いたから、
 まずは、様子をみましょう」

うーん、、お散歩後は、殺菌効果のある薬用シャンプーでのアシ洗いをしているけれど、
イソジン、塗り抗生物質(所により少量塗りステロイド)、しなくちゃね。



薬を塗ったあとには、しばらく靴下くんです。ジャックは不満そうです。
歩くと、音がしなくて、忍者みたいです。

そんなに痛いと思わなかったからさ、色々連れて歩いたけれど、
やっぱり、固い地面は、痛いかな?

今日は、出先から、直接(急いで!)帰ってこれたので、
自転車を飛ばして、いつもの大井ふとう公園へ。ぎりぎりお日様にも間に合いました。



ここなら、家の近くにはない、土の地面があるよ!
たくさん走っていいよ!と、解き放たれたジャックは大喜び。

最近導入した変な形のディスクを投げて遊びました。



ここなら、アシも、痛くないんじゃないかな?
たくさん走り回りました。
帰ったら、消毒だけは、しっかりしようね。



お日様が、暮れていきます。



柔らかい土の地面でしっかり走り回って、ストレス発散しました。

ジャック自身は、腫れについては、今までもあったものなので、
ときどき、きゃん!と痛がる以外には、あまり気にしていないみたいです。
家のなかを激しく走り回ったりできないのが、不満そうでしたので、
今日の、公園での憂さ晴らしは、うれしかったでしょう。



行き帰りは、ラクちんジャック号で。
ジャック号、カゴが特大ですが、頑丈なカメラバッグに占拠され、
ジャック、最近、ちょっと窮屈そうです。



飛行機が大きく見える場所で、自転車に乗ったまま、記念(なんのだろ?)撮影。

アシの裏は、しばらく様子を見てみます。
ご心配頂いたみなさま、ありがとうございました。



ぽろん♪ちゃんは沖縄だって。いいね〜。
| Joeの健康 | 22:00 | comments(26) | - |
梅雨のじめじめ


写真はどろんこ満喫中のLikeくんです。楽しそうだったなあ。
どろんこだけど、爽やかです。

梅雨のじめじめ、湿気に弱いジャックには、皮膚にてきめんなようで、
カイカイのぷつぷつ増加中です。
ここのところ、長くドライフードストライキ(!)もしていて、
体調改善策を練らなきゃね〜。。。

ドライフードは、ひと粒噛んで、「うん、なんか、違う」と、ぺっと出す。
もういっこ噛んでみる→ぺっと出す。の繰り返し。
散らばったフードを寄せ集めると、最初とあまり変わらない量になります。
放っておくと、意地でも食べない。
栄養はお留守番のときなどにもらえるボーロや、ちょっとしたおこぼれから細々と、
とっているようでした。

どこまで頑固なのよ。
だーいぶ、スリムにはなったけど、健康的じゃないぞ〜。

ドライフードを食べないときのチェック項目。

Q:皮膚の状態は悪い?
→Yes.
 耳、腹など皮膚の薄いところにぷつぷつ増加中。
 背中にはまだできていないので、状態、まあまあ。

Q:食欲自体はある?おなかは空いてる?
→Yes..
 ゆでたおいもや野菜はがっついて食べるので、「食欲旺盛」。
 キッチンから離れないで、ずっと食べ物を探している様子。

Q:体調悪そう?
→Umm...
 微妙〜。。。

なんとなく、「おなかは空いてるけど、これ、なんか、違う」と
訴えているような状態です。

しばらくドライフードをお休みしてみるかなあ。
この前、3kg分買ったばかりなんだけどなあ。。

| Joeの健康 | 21:57 | comments(14) | - |
予防接種と牛肉のオレンジ煮
ちょっと、休憩。



牛肉のオレンジ煮です。
オレンジの甘さが意外と牛肉によく合います。
材料は、牛肉、たまねぎ、トマトに、絞ったオレンジオレンジ

ジャックには、牛ひき肉と材料からおすそ分けしたトマトで、
ミートソースにしました。

ジャック、本日、狂犬病の予防接種を受けてきました(遅い?)。
その他色々あったので、忘れないよう、メモ。

炎症は、相変わらず、ぐずぐずしてます。
ステロイド服用は、今週分までで一旦、中止。
抗生物質は続けます。

連休初日に検査&処方をお願いしたフィラリア検査注射
ついでの血液検査の結果は、良好でした。
GPT値が前回(12月)より少し上がったのは、投薬の影響かな。
それでも正常値の範囲です。

4月に生まれて初めて6キロ台に突入したジャックくん。
適正かな、と思うのは、5.8キロあたりですが、
減ったり増えたりしながら、な〜んと、6.35キロになってしまいました。
今更、成長期???

体重が増えて、困ること。
まるまるとしているわんちゃんは大好きなので、私としては何にも問題ないのです。
ただ、ジャックは、後ろ足が左右とも、膝蓋骨脱臼気味のため、
増加した体重が、膝に負担をかけるのではないかとハラハラしています。

今のところ、グレード3です(と言ってもグレード4までしかないんだけど。。^^;)。
グレード3は、常に膝がはずれていて、手で押すと戻るけど、すぐにはずれる状態。
治療は外科手術のみ。手術は、結構大掛りで、術後数ヶ月は、走ったり飛んだりできません。

毎回通院時には、触診で状態を診てもらっています。
今日も触診してもらいましたが、いつもより、右膝が戻りにくい。
内側にぐーっと引っ張られているような状態のようです。

これまでは、腿の筋肉で、バランスをとっていたところが、
体重増加で、バランスが崩れたんじゃないかな〜。

少し体重を軽くして、膝をラクにしてあげようね。
でも、いつかは、手術だぞ〜。

| Joeの健康 | 22:59 | comments(8) | - |
培養検査の結果
培養検査の結果をもらってきました。
今回の検査は、細菌の特定と、薬剤に対する耐性を調べる、
MBN検査というものでした。

前回、1月に、炎症を起こしてから、なかなかすっきり治らないので、
抗生物質が、細菌に対して効くことを確認する、念のための検査でした。

結果は、、、なになに、、

「アルカリゲネス、ブドウ球菌が分離され...」
「...薬剤感受性検査は耐性です」

って、アルカリゲネスって、何〜??耐性です、って、薬は効かないのかー??
と、思ったけど、獣医さんより
「アルカリゲネス」も「ブドウ球菌」も、炎症に見られる一般的な菌で心配無用、
色んな薬剤に対して耐性があるけれど、ジャックが服用している抗生物質に対しては
「感受性」で、よく効きます、と、説明ありました。

つまり、『今の抗生物質で、問題なし!』ってことで、
よかった、よかった。
抗生物質を、今月末まで続けて、すっきり完治を目指します。

実は、ジャック、6ヶ月くらいの時に、頭や胸におハゲとぷつぷつができていて、
毛を抜いて、顕微鏡検査と、真菌培養検査をしてもらったのでした。
結果は、マラセチアでした。
抵抗力が弱って、マラセチアが活発になったような、感じでした。
消毒と、塗り薬で結構すっきり治ったんだっけ。

それとは、今回全然違うけれど、こーんなことも、あったなあ、と
思い出してみました。



ジャックが見つめるのは、「うさぎや」のおいしいどら焼きです。
どら焼きの匂いに、妙に敏感な、ジャックでした。
| Joeの健康 | 21:33 | comments(8) | - |
炎症の経過


昨日、炎症の経過報告と、薬をもらいに、動物病院へ行きました。

包皮炎は、抗生物質が効いたようで、だいぶ赤みもひいて、
かゆくて気になるそぶりがなくなったので、エリザベスカラー再卒業です。
もう、入学しなくて済むように、なってくれるといいなあ。
抗生物質を少し続ければ、完治しそうです。

アゴ下の赤みは、ひいていないけれど、
こちらは、ステロイドで、症状を抑える療法は、結果として一時的にしかよくならない
ことも考えて、原因を追究していかないといけません。

ただ、腫れがあまりひいていないので、一日おきに、
今までと同じ量のステロイド服用で、もう少し様子をみます。



先週は、6.2キロありました。最高記録更新!
よくご飯を食べてると思った。
昨日は、5.8キロでした。これくらいがちょうどいいかな?
| Joeの健康 | 22:32 | comments(14) | - |
ジャックの憂鬱


またまた登場、エリまきジャック。

あちらこちらの炎症がひどくなり、切れて血が出てしまうようになったので、
これは自力での改善見込みなし!、と判断して、病院へ行きました。

いつまでもすっきりしない包皮炎は、ちょっと切って培養検査へ。
そして、あご下や、他の炎症の症状を抑えるために、一週間
少量のステロイド服用となりました。

これまでの経験から言うと、、、一週間ステロイドを服用しても、
すっきり治る訳ではないけど、血が出るほと腫れてる状態からは、
抜け出せるかな?



コレ、憂鬱なんだけどぉ、、、。
しょうがないよ、今、調子悪いんだからさ。



カーネーションは、スターチェリーという品種。
早く元気になってね、ジャック。
| Joeの健康 | 20:38 | comments(10) | - |
ジャックのご飯


サイコロステーキとブロッコリのスパゲティ、プチトマトのせ。

まー、ジャックくん、いいもの、食べてるじゃなーい。。。と
言いたくなる、メニューです。

ジャックの手作りご飯、続いています。

でも、ちょっと息切れしそうな気がするので
(何しろ、平日は、家にいて起きている時間≒キッチンに立って
 準備片付けしている時間になるので)
手間を省きたい。。

この料理、

 スパゲティは、短く折って、フライパンで茹でて、
 後から切る手間と、お鍋を洗う手間を減らして、
 茹で上がったら、同じフライパンでキッチンバサミでざくざく切ったお肉と、
 ちぎった野菜をざっと焼いて、最後にスパゲティとからめて、、、

だいたい20分以内の比較的楽チンなメニューです。

洗う手間も、フライパンと、キッチンバサミとざるくらい。
スパゲティは、昆布出汁でゆでると、くいつきがよくなりました。

ジャックのご飯は、小さいときから、
かんたん犬ごはんを参考にしていますが、
いつの間にか我流の方向に走ってしまって、
ジャックにしてみると、単調だなぁと思っていたかも?

最近、キッチンドッグの本を読んで、
お肉の割合を増やすことと、調理法のバリエーションを増やすこと、
見直してみました。

ジャックのくいつきは、ぐっと良くなったけれど、
洗い物も、ぐっと増えることになりました。

うーん、、、見直さなきゃ、続かないぞ〜。。。
| Joeの健康 | 00:21 | comments(4) | - |
ごろごろ春野菜


ジャック家近辺では、おいしい新じゃがが、たくさん出回り始めました。
鹿児島県産です。鹿児島は、きっと暖かいんだろうなぁ〜。

ごろごろゆでて、一部は人間用、残りは、つぶしてジャック用に。
おいしそうに食べています。

ジャックは、一年ほど食べていた、ドライフードが、
どうしても、食べられなくなったみたいです。
食べようと、何度もハナをドライフードのお皿に突っ込むんだけど、
すごく、すごく、迷って、食べない。

おなかが空きすぎて、胃液を吐いても、ひと粒、ふた粒、食べるくらい。
時々、ふらふら、と斜めによろけたりもするくらい、
おなかは空いているはずなのに。。

ここのところ、取っても取っても出てくる、目やにとか、
すぐに腫れたようになる目のまわりの赤みとか、小さいけど、
おかしな症状が続いていたのもあったので、
先週から、試しにご飯を手作りに切り替えたのでした。

主食は、おいも。たんぱく源は、牛です。
初めはシンプルに。慣れたら、品目を増やす。
昔通ってきた道なので、やり方は、難しくありません。

先週、今週と続けてみて、ジャックのプチ病気が、嘘みたいに、消えました。
気になっていた口臭も、びっくりするくらい、なくなりました。

そっか、ドライフード、ギブアップだったのね、ジャック。



しばらく手作りを続けてみます。
| Joeの健康 | 00:10 | comments(16) | - |
爪の付け根
ジャックの爪の付け根です。
だいぶ昔から、爪の付け根が、赤く腫れています。

ただ、ジャックは、気にしていないみたいで、
なめたり、カミカミしたりしないので、かゆくも痛くもないようです。



写真には、なかなか上手く写らないけど。。。汗
見えるかな?



ひとぴんさんちのジャックくんの足の先の毛が変色している、とあったので、
原因は同じだろうか?と思ったけれど、症状が少し違ったかな?



先週末、炎症のお薬をもらいに行ったとき、
雪で病院が空いていたので、獣医さんについでに相談したのでした。

ジャックのは、炎症のようです。

・お散歩後に足を洗ったら、ドライヤーで軽く乾かすこと。
・その際、あまり強く熱風をあてると、熱風で皮膚がまけることがあるので
 ほどほどに。

とのことでした。

写真を撮る時に、じっくり観察したけど、アゴの下の症状
(ジャックのいつまでも治らない、ぶくぶく腫れ)に
よく似ていました。

これまた治りにくそうだけど、痛くもかゆくもないなら、
まぁ、いっか。だね、ジャック。
| Joeの健康 | 22:27 | comments(6) | - |
| 1/2PAGES | >>